モロヘイヤのからしじょうゆあえ

■材料(4人分)

モロヘイヤ200グラム

からしじょうゆ【練りがらし(チューブの和がらし)20グラム、水あめ20グラム、濃い口しょうゆ30グラム】

(1人分約56キロカロリー)

■手順
①モロヘイヤはよく洗い、硬い茎と葉に分ける。


②沸騰した湯に茎の部分を先に入れ、1分ほどゆでたら葉先のやわらかい部分を入れ、さらに1分ゆでて冷水に取る。


③やわらかい先の部分は3センチの長さに、茎の硬い部分は繊維を断つように斜めに切る。

④ざるに上げ、ごく軽く搾って水分を切る。

⑤ボウルに練りがらしと水あめを入れてよく混ぜてから、しょうゆを加える。からしは空気に触れると辛み成分が揮発するが、水あめと混ぜることで味が飛びにくくなるといわれている。

⑥モロヘイヤとからしじょうゆをよく混ぜる。保存袋に入れ、空気を抜いて密封する。2、3時間寝かせると辛さがなじむが、長期保存用ではないので、2、3日で食べ切ろう。


■調理時間 10分

■取材協力 県卸売青果ネットワーク、みくりや倶楽部

■MEMO 

モロヘイヤはオクラと同じアオイ科の植物で、原産地も同じアフリカの北西部。抗酸化作用のあるβ―カロテンの含有量はニンジンの約1.5倍で、野菜の中でもトップクラス。

◎香川県産野菜イメージキャラクター「ベジィさん」おすすめ!旬の地元産野菜
「ナス」「ズッキーニ」「オクラ」「インゲン豆」「モロヘイヤ」「イチジク」「ナシ(幸水)」「シャインマスカット」

※この記事は、2022年8月20日付の四国新聞「達人の簡単レシピ」に掲載されたものです。